ライスビギン 成分

ライスビギンの二大有効成分が凄い!

多くの女性が抱える肌悩みシミや小じわやほうれい線の原因乾燥を改善してくれるライスビギン。今、ネットや女性雑誌に多く取り上げられ話題になっているので、気になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

ライスビギンは、従来の発想と異なり肌自ら潤うように導く驚きの成分を配合しているのが大きな特長です。その成分こそライスパワーNo.11という成分です。

 

ライスビギンの有効成分ライスパワーNo.11とは

皮膚の水分を保持する能力の改善が認証された成分です。この効果が認められた成分は世界でライスパワーNo.11だけです。全ての肌トラブルの原因とも言える乾燥。という事は乾燥を防ぐ事ができればほとんどの肌トラブルの改善が期待できるという事も言えます。ライスパワーNo.11は乾燥を改善する世界で唯一の成分です。

 

2倍以上の保湿成分

肌が水分を保つ能力を肌の内側から改善するので、水分が身体の外に放出されるのを予防する力を正常化し、肌自身が健康的に潤いを保ちます。一般的な保湿剤に比べ潤う力は何と2倍以上もあると言われています。

 

優れた保湿効果のあるセラミドを増やす

保湿効果に優れたセラミドを増やし乾燥を防ぎます。セラミド人間は元々身体の中に持っている成分ですが、加齢によって減少していきます。様々な外的刺激から皮膚を守る働きをするバリア機能を、ライスパワーNo.11が高めることで乾燥から保護してくれます。ライスパワーNo.11をたった1週間使っただけでセラミドが40%も増える凄い成分です。

 

優れた浸透力で皮膚の奥深くまで働きかける

一般的な化粧品に入っている従来の保湿剤は肌の表面だけに作用するものでした。しかし、ライスパワーNo.11は浸透力に優れ皮膚の奥深く基底層まで届けるので、皮膚の中から保湿することができ、しっかり乾燥を防ぐことができます。

 

 

ライスビギンの主な有効成分はライスパワーNo.11ですが、もう一つの有効成分酢酸DL-α-トコフェロールも大事な働きをしています。では、酢酸DL-α-トコフェロールについて詳しく見てみましょう。

 

 

酢酸DL-α-トコフェロール

ビタミンE誘導体の一種です。血行を促進し更に抗酸化作用で肌荒れを防ぐ効果が期待できる成分です。活性酵素の発生を抑制するので、細胞の酸化を防止し酸化によって起こる小じわやシミなどの肌悩みを改善します。

 

現代人は、紫外線やストレスなど色々な外部ダメージの中に居ます。このようね状況に常に居るとどうしても活性酸素が発生する恐れが高まります。すると身体の酸化が進み肌悩みが深刻化してしまいます。酢酸DL-α-トコフェロールは重要な働きをする肌トラブルに悩む方々の大切な成分です。

 

 

ライスビギンの成分についてのまとめ

ライスビギンは二大有効成分ライスパワーNo.11と酢酸DL-α-トコフェロールが、乾燥を根本的に改善しほとんどの肌トラブルに効果が期待できる画期的なオールインワンジェルです。

 

>>【ライスビギン】全額返金保証付きキャンペーンはこちら